FEATURE

スマートな資産運用を実現する「OWNR by RENOSY」とは

KEYWORD
社員インタビュー エンジニア RENOSY X-Tech

Aug

20

Fri

WORDS BY浅野 翠
POSTED2021/08/20
SHARE

はじめにINTRO
DUCTION

こんにちは!GA MAG.編集長の浅野です。

GAテクノロジーズグループでは、不動産業界のDXを推進するさまざまなプロダクトを自社開発しています。ユーザーや目的はプロダクトごとに異なりますが、すべて「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。」という理念を体現すべく、部署の垣根を超えた協力関係のもと開発されています。

今回はそんな自社開発プロダクトを紹介する第2弾として、投資用物件を購入されたオーナー様向けのスマホ専用アプリ「OWNR by RENOSY」をご紹介します。

OWNR by RENOSYとは

OWNR by RENOSY(以下、OWNR)は、RENOSYで投資用不動産を購入されたオーナー様に向けた、スマホ専用アプリです。

GAテクノロジーズグループでは、資産管理についてお問い合わせをいただいてから、ご面談・ご契約・決済までの各フェーズで自社開発システムを活用していますが、OWNRはご購入いただいたあとの運用をスムーズに行っていただくためのアプリです。

機能その1:契約書や所有物件情報の確認ができる

まず、OWNRでは保有している不動産の状態を知るだけでなく、契約時にお渡しする各種書類のデジタル管理が可能です。月々の収支管理や確定申告に必要な情報もご確認いただけるだけでなく、オーナー様向けの特別キャンペーンなども、すべてOWNRのアプリ上でご確認いただけます。

機能その2:不明点はチャットで質問できる

不動産投資は、購入後の運用が非常に大切です。しかし、気になることがあっても会社に電話をかけるのは少しためらってしまいますよね。また、忙しくて質問するためにまとまった時間がとれない、という方も多いはず。
疑問が解決できずモヤモヤ…という状態が続くのは辛いですよね。また、理想の暮らしを手に入れるための資産運用なのに、不安や不便を感じる時期が長いようでは「一体何のために始めたのか」と感じても無理はありません。

OWNRでは、アプリ上でCSや担当エージェントとのチャットが可能。ふとした疑問や気になることを気軽に質問し、すぐに解決できます。

左:チャット画面/右:新着情報・お役立ち情報画面

ほかにも、安心して運用していただくために必要な不動産投資の知識、サービスを運営するGAテクノロジーズグループに関するお知らせも配信しています。

不動産投資は「ご購入いただいたらそれで終了」というものではありません。
「オーナー様に安心かつ効率的に資産運用を実施いただくために、何ができるか」を考えて生まれたのが、このOWNRです。

現在、RENOSYで投資用不動産をご購入いただいたオーナー様のうち、OWNRをダウンロードしてくださっている方は全体の95.2%(2021/07/15時点)。

かつ、そのうち9割の方が1ヶ月に1回はOWNRアプリを閲覧してくださっています。毎月の収支や、物件の状況確認に活用いただいているようです。

さらに、全体の約3割の方は、なんと毎日OWNR by RENOSYを使ってくださっています!

筆者は、毎日使うアプリはかなり限られるほうですが、みなさんはいかがでしょうか。毎日使うとなれば、もはやそれは生活の一部と言ってもいいのかもしれません。

1:17〜からOWNR by RENOSYについてご説明しています

「売って終わり」にならないアフターフォローをアプリで

OWNR by RENOSYは2018年2月「Renosy Insight」として提供を開始しました。2019年2月に現在の名称に変更したほか、さまざまな機能追加やリニューアルを経て今に至ります。

企画・開発はすべて内製。現在の開発体制やプロダクトにかける想いについて、プロダクトオーナー(PO)を務める馬場と、プロダクトマネージャー(PM)の矢作にインタビューしました。

浅野
OWNR by RENOSYは多くのオーナー様に活用いただいていますね。
馬場
非常に嬉しくもあり、しっかりしたものをお届けしなければならないという責任も感じています。
私たちが目指すのは「顧客満足度の向上」。OWNRアプリを通した体験をいかに良くできるかを日々追求しています。

たとえば、OWNRでは「お知らせ」として毎日1回、不動産投資に関わる情報やキャンペーン、プレスリリースや会社の取り組み紹介など、さまざまなコンテンツを配信しています。
また、不動産投資をするうえでネックになりやすい確定申告に関する情報はもちろん、オーナー様の不安を払拭できるお役立ちコンテンツをお届けしています。

不動産投資は、まだ敷居が高いと感じられる方が多く、かつ購入後の運用が非常に重要です。そんなときに気軽に相談できたり、収支や契約データをいつでも確認できる環境をご提供することが大切だと思っています。
浅野
オーナー様のほとんどがダウンロードし、かつ3割は毎日使ってくださっているということからも、オーナー様の期待を感じますね。
馬場
不動産投資は、ご自身のためだけでなく、大切なご家族を含めた人生設計のために行う方が多いんです。だからこそ「売って終わり」ではなく、そのあともアプリを通じてしっかりアフターフォローをさせていただきたい。「この会社で買ってよかったな」と思っていただけるようなサービスを提供したいと思っています。
浅野
すべて内製で開発しているということですが、どのような体制でしょうか?
馬場
まず、私がCSやセールスから意見を聞いたり、オーナー様からヒアリングさせていただいて、どのような機能をいつ実装するかということを企画します。
要件を整理し、デザイナーの方にそれを表現していただいて、開発チームと共有しています。まだOWNRをご利用いただいているお客様には、我々が企画しているものを出し切れていない、というのがもどかしいですが、現場やお客様からいただいたご意見や改善点はしっかりと企画に落とし込みさせていただいています。
浅野
開発チームは何名ですか?
矢作
開発チームは、私含め5名で対応しています。
現在は、基本的に2週間おきにアップデートしています。
大きな改修を予定している場合はその開発を進めつつ、CSチームからいただいた改善要望に対応することもありますね。
浅野
開発にあたって大変なことはありますか?
矢作
OWNRは、不動産仕入れ支援システム「SUPPLIER by RENOSY」を始め、賃貸データを管理する不動産業務支援システム「MANAGE by RENOSY」、顧客情報管理システム「AGNT by RENOSY」 から物件情報や賃料、賃借人、購入時の情報などを取得して表示しています。
他システムとの連携が多いので、そこを調整するのが少し大変かもしれません。

たとえば、SUPPLIER by RENOSYで物件の最新価格をAというテーブルで管理していたのに、途中からBという別テーブルでの管理に変えたとします。それをちゃんと把握していないと、古い情報を表示する可能性があります。連携の仕方は工夫が必要ですね。

あとは、個人情報を扱うシステムなので、取り扱いには気をつけています。
OWNRでは契約時のデータもご確認いただけるため、便利であること以上にまず安心して使っていただける状態を意識しています。
浅野
多くのオーナー様に使っていただいているからこそ、その信頼に足る状態を保つことが重要なんですね!
矢作
はい、より便利な機能を提供していきながら、安心して使っていただける環境はしっかり保っていきたいと思っています。

人生100年時代になり、資産運用が以前より身近な存在になった方は多いのではないでしょうか。
不動産投資はその手段のひとつ。それをより安心かつ便利にするのがOWNR by RENOSYです。

今後もGA MAG.では、不動産業界のDXを推進するさまざまなプロダクトをご紹介しますのでお楽しみに!

関連記事

Follow us:

EDITOR’S PROFILE
  • Recruitment PR
  • GA MAG.編集長
浅野 翠
2011年に早稲田大学を卒業後、インターネットイニシアティブ(IIJ)やビズリーチの人事を経て、2018年にGAテクノロジーズに入社。2020年8月より採用広報。好物はすっぱいお菓子。
Twitter:@midoriii1221
KEYWORD
社員インタビュー エンジニア RENOSY X-Tech

この記事をシェアしよう SNS SHARE

FEATURE
2021/08/20
スマートな資産運用を実現する「OWNR by RENOSY」とは