CULTURE

19新卒が生んだ、感謝を伝える新企画「まぐラッチェ」

KEYWORD
社員インタビュー GAの日常

Aug

20

Tue

WORDS BY近藤 英恵
POSTED2019/08/20
SHARE

こんにちは!GA MAG.編集部の浅野と申します。

今回は、GAグループの新しい社内イベント、「まぐラッチェ」をご紹介します。

マグネット+グラッチェ=「まぐラッチェ」!

「まぐラッチェ」は、社内でお世話になっている人や頑張っている人に「ありがとう」を伝えるイベントです。マグネット製のオリジナルカードにメッセージを書いてポストに投函すると、翌日には相手のロッカーにカードが貼られるというもの。
今年の6月から毎月1回実施されており、過去3回の合計流通枚数は2,000枚を超えています。部署内で送り合うのはもちろん、上司と部下、エンジニアと営業、GAテクノロジーズからイタンジと、階層や部署、会社を越えて感謝の言葉が届けられています。

ちなみに「まぐラッチェ」という名前の由来は、マグネットとイタリア語の「ありがとう」を意味するグラッチェから。耳に残るネーミングで、すでに社内でも浸透しています!

この「まぐラッチェ」、現在は19新卒メンバー12名が運営しています。というのもこのイベントは、2019年度新人研修の最終課題「会社の文化と歴史を創る社内イベントを企画せよ!」で優勝したチームの企画が実現したものだからです。

「まぐラッチェ」運営リーダーである山口貴矢(19卒)に、イベントが生まれた経緯とその想いを聞いてきました。

目に見える形で「ありがとう」を伝えたい

QUESTION.どのような経緯で「まぐラッチェ」が生まれたのですか?

今年4月に行われた、19新卒研修での最終課題がきっかけです。
私たちのチームでは、当初「すでにある社内イベントをより良くする」ことを検討していました。しかし、中間プレゼンの内容が非現実的だったことと、すでに社内で改善に向けて動いているプロジェクトがあったことから、ボツに。改めて「『ただ自分たちがやりたい』ではなく、会社にとって意味あること」「強みを伸ばすのではなく、弱みを補強すること」をしようと、ゼロから企画を練りました。
そこで考えたのは、「目に見える形で感謝を伝える」というイベントです。2019年2月に現オフィスに移転し、複数の拠点に散らばっていた社員がワンフロアに集まったのですが、フロアが急に広くなったせいか、メンバー同士のつながりが逆に弱まったように感じたのがきっかけ。感謝の気持ちを自然と伝える機会がもっとあれば、この状況を改善できるのではないかと思い、「感謝を伝えたい人のロッカーに、メッセージ入りのマグネットを貼る」という提案をしました。
ピアボーナスを実施している会社はたくさんあると思いますし、実際に研修内ではそのような企画をしているチームもありました。しかし私たちは、あえてアナログかつシンプルな企画で勝負しました。導入にあたってのハードルを低くし、すぐに始められるというメリットと、「リアルとTechをともに重視している」GAグループの良さを、このイベントでも表現したいと思ったんです。

QUESTION.企画の提案から実行までスピード感がありましたね。

4月末にプレゼンで優勝後、約1か月後の6月10日に第1回を迎えることができました。
企画から実施までかなりスピーディでしたが、納期は自分たちで決めたんです。経営陣は、私たちの提案に手厳しくフィードバックやアドバイスをくれる一方、予算などはすべて任せてくれました。だからこそ、「新卒だから」という甘えで実施が延びたり、クオリティを落とすようなことは絶対にしたくなかった。「今年の新卒はすごい」と、このイベントを通して社員全員に伝えたかったんです。
6月に無事初回を迎えてからは、毎月きちんと続けられるように、メンバーごとの負担も考えつつ役割分担や進め方などの改善を進めています。最近は新卒エンジニアメンバーの協力もあって仕組化がグッと進み、以前は合計20時間ほどかかっていた作業を5時間ほどで終えることが出来ています。

QUESTION.「まぐラッチェ」の今後の展望を教えてください。

今はマグネットのカードのみですが、今後は社内のコミュニケーションプラットフォーム「Tech Portal」と連携したサービスにしていきたいと考えています。そうすれば、より参加しやすくなり、社内にもっと自然に「ありがとう」が増えると思うんです。最終的には、GAグループオリジナルのピアボーナスにしていければと思いますね。

まだ生まれて3ヶ月ほどのイベントですが、マグネットを貼っていると「1ヶ月経ったんだね」と声をかけられるほど、すでに社内の文化になりつつあるのを感じます。感謝を伝えることで、さらにポジティブな感情で満ちた会社にしたいんです。そうすれば毎日のモチベーションや業務効率もUPするし、会社を誇りに思う気持ちも強まると思うんです。今後も「まぐラッチェ」をより良いイベントにするために、どんどん新しいチャレンジをしていきたいですね。

運営メンバー

今年4月の19新人研修でのプレゼン企画に始まり、いまや社内の文化として定着しつつある「まぐラッチェ」。運営メンバーは、自ら納期や方針を決め、内容をブラッシュアップし、毎回工夫をしています。

GAグループには、年齢や社歴に関わらず、意志のあるメンバーにはどんどん活躍の場を提供するという風土があります。それはもちろん入社して1ヶ月経たない新卒でも同じ。成長の機会をしっかり掴み、恐れず挑戦し続ける姿は非常に頼もしく感じました!

また、いいアイディアがあれば「とりあえずやってみよう」とフットワーク軽く挑戦できるのがGAグループの大きな魅力。この「まぐラッチェ」以外にも、GAグループでは社員の提案から生まれたイベントや制度がほかにもたくさんあります!
GA MAG.でも引き続き情報を発信していきますので、どうぞご期待ください!

EDITOR’S PROFILE
    近藤 英恵
    GA MAG.編集長。2018年新卒でGAテクノロジーズに入社し、Communication Design CenterのPR Teamに所属。GAテクノロジーズグループの日常をお届けします!
    好きなお酒:ハイボール
    休日の過ごし方:Netflixをみる(2019.09.18時点)
    KEYWORD
    社員インタビュー GAの日常

    この記事をシェアしよう SNS SHARE

    CULTURE
    2019/08/20
    19新卒が生んだ、感謝を伝える新企画「まぐラッチェ」