MEMBER

【内定者×CHRO対談】21卒が21採用を企画?!チャレンジングな選択を、リスクをとって支援したい

KEYWORD
新卒採用 社員インタビュー 内定者

Oct

23

Wed

WORDS BY浅野 翠
POSTED2019/10/23
SHARE

はじめにINTRO
DUCTION

こんにちは! GA MAG.編集部の浅野です。

以前、7月に内定承諾してくださった21卒内定者の古川さんについてご紹介しましたが、
今回はその第2弾!
9月に、新たに21卒内定者となった井上瑠美さんとCHRO清家の対談をお届けします!

※21卒古川さん×清家の対談記事はこちら




就活について、GAテクノロジーズに入社を決めた理由、そして現在取り組んでいること…
内定者の井上さんと、CHRO清家良太との対談をお送りします。
PROFILE
  • CHRO
清家 良太(せいけ りょうた)
新卒で2007年に旭硝子(現AGC)に人事として入社。国内・海外人事を経験した後、アクセンチュアで人事・組織コンサル、DeNA、ビズリーチで人事に従事。ビズリーチでは事業推進室にて事業開発も経験。2019年3月、GAテクノロジーズにCHROとして入社。GAグループ全体の人事戦略を担う。
  • 2021年度新卒入社予定者
井上 瑠美(いのうえ るみ)
1999年生まれ。慶應義塾大学理工学部在籍。GAテクノロジーズの21卒内定者として、新卒採用などの人事業務を行う。

「ユルく」ないインターンに衝撃を受けた

QUESTION.まずは井上さんがGAテクノロジーズを知ったきっかけを教えてください。

井上:初めてGAテクノロジーズを知ったのは、2019年4月の採用イベントです。お会いした社員だけでなく、「テクノロジー × イノベーションで、人々に感動を。」という経営理念にも惹かれました。面白そうな会社だなと思い、軽い気持ちでサマーインターンに応募することにしたんです。
しかし、いざインターンに参加したところ、すごくフィードバックが厳しくて全然「ユルく」ない。もう、ボコボコに言われましたね(笑)。いい意味で衝撃を受けました。
他社のインターンにも参加したことがありますが、フィードバックが甘いと感じて「もっと言ってほしい」と自らお願いした会社もあったほどだったので、その落差に驚きました。
でも、自分ができることをして、それに対して「いいね」と言われておしまいでは参加した意味がないし、成長できません。なので、GAテクノロジーズのインターンでは、衝撃を受けつつも、非常にありがたいと思いました。

清家:インターンでは、学生のみなさんに対しても社員と同じレベルでフィードバックをしているつもりです。せっかく参加してくれたからには成長の機会にしてほしいし、そのきっかけになればと真剣に考えているからこそ、時に厳しいフィードバックもしていますね。

井上:はい、厳しいフィードバックは、悪意などではなく「本当にいいものをつくる」ためだというのがとても伝わってきました。私たち学生の挑戦を全力で応援してくれる姿勢にも非常に惹かれました。

意思決定のスピードを上げ、最善にするために全力を尽くす

井上:私は昔から夢がなかったんです。勉強は人一倍してきましたが、これという目標を見つけることができなかった。でも調理師を目指す友人を見て、「夢を追いかける人ってかっこいい」と改めて感じたんです。
GAテクノロジーズは、社長を始めとして社員全員が本気で世界一を目指している会社。インターンを通じて、それを肌で感じました。夢を叶えるために全員で努力するのは楽しいし、本当に素敵なことだと思うんです。

経営理念、目指す目標、全力で取り組むスタンス、そして私たち学生への真摯なフィードバック…GAテクノロジーズを知れば知るほど、「本当にいい会社だな」と感じました。どの社員に会っても尊敬できる。そんな会社はここしかなかったですね。
私自身、成長意欲は人一倍強いという自覚があり、正直どの会社に行っても頑張ると思うんです。あとは、どこでやるかだけ。
それを清家さんに伝えたところ、「意思決定に5分かけるか50分かけるか」という話をしていただきました。何かを選ぶのに、5分かけても50分かけても、選ぶものは大して変わらない。であれば、スピーディに意思決定をして、残りの時間でその選択を最善にする努力をしたほうが自分の成長につながる、という話でした。これには非常に共感しましたし、同じ考えを持っている人がいるということに一層心惹かれ、自分から「入社したい」とお伝えしました。

清家:インターンが終わってすぐの面談だったよね。入社したいという気持ちはとても嬉しかったけど、そのときは私から「そんなにすぐに決断しなくてもいいよ」と、いったん止めました。

井上:はい、「実際にアルバイトなどで中を見てから、入社するか決めてもいい」と言っていただきました。無理に入社を急かすことなく、本当に私のことを考えてくださっていることが伝わり、より一層入社したいという意思が強くなりましたね。その決断には後悔していません。

清家:第3タームのインターンで内定承諾してくれたので、第4タームでは早速内定者として参加者に紹介させてもらいました。ちょっとざわざわしたよね(笑)。

井上:はい(笑)。最初は「内定者として紹介されて大丈夫かな?『内定者といってもこのレベルか』と思われたらどうしよう」と不安だったのですが、その分「インターンが終わる頃にそう思わせないようにしよう」と思えました。
あとは、先日実施された20卒の内定式準備も手伝わせていただきましたね。

※内定式の記事はこちら

清家:先輩の内定式を運営するのは不思議な感じだよね。でも、GAテクノロジーズでは過去もそういう例がある。挑戦したい人には、年次は関係ないと思っていますね。

井上:いまは人事として、21新卒採用の企画に携わっています。GAテクノロジーズのことを学生にもっと知ってもらうにはどうしたらいいか、ということを日々考えていますね。

リスクのある意思決定には、成長の機会で応えたい

井上:少し話はそれますが、私は就活の際に「ものづくり」と「人」という2つの観点で考えていました。
日本の「ものづくり」には誇りがあると思いますし、理系出身としてもそれを残していきたい、海外にも負けないようなものを作ってみたいという思いがありました。
一方で、「人」もとても大事だと思っています。バスケットボールを9年間やっていた中で、「異なる能力を持つ人たちが、互いにその価値を認めあい、のびのびと発揮できる環境をつくりたい」と思ってきました。組織として成果を出すためには、一人一人の役割が非常に大切。それを考えるのがとても楽しかったんです。
ものづくりというと実際に触れるモノをイメージしがちですが「カタチがあってもなくても、何かをつくったり人をつなげることをしたい」とずっと考えていましたね。
なので、いま新卒採用など人事の仕事に携われるのは本当に嬉しいです。

清家:私も大学時代にフィギュアスケート部で部長を務めたことがきっかけで人事を目指したのですが、井上さんと私の経験には共通点があると感じますね。
井上さんには、21卒向けのウィンターインターンも企画してもらおうと思っています。
「21卒の内定者が、21卒向けの企画をする」というのは珍しいと思いますが、GAテクノロジーズはそういうチャレンジをする会社。もしダメだったら、また違う方法を試せばいいし、元に戻してもいいんです。社員だけでなく内定者に対しても、その方針は変わりません。
井上さんは早いタイミングでGAテクノロジーズの内定承諾をしてくれましたが、それはつまり「これから就活しない」というリスクのある意思決定をしてくれたということ。その心意気には本当に感謝しているし、私や会社もリスクを取って応えないと失礼だと思っています。成長につながる機会は積極的に提供したいですし、早期に内定承諾してくれたメリットを感じてほしいと思っています。

井上:いまは企画書を作成して提案するなど、ビジネスの基礎を学んでいるところです。スキルだけでなく、実行しきる力、やり切る力を身に着けていきたいですね。
また、私は総合職ですが、GA BootCamp(若手エンジニア向けの育成研修)も受講したいと思っています。プログラミングの技術を習得したいというより、エンジニアの気持ちを知るために有効ですし、組織づくりに活きると思うんですよね。もちろん開発ができるようになれば、能力を発揮するチャンスや、会社に貢献できるフィールドも広がる。いろいろ挑戦してみたいですね。

※「GA BootCamp」についてはこちら

清家:ぜひ、思い切りやってほしい。GAテクノロジーズという会社をうまく使うつもりで、縮こまることなく全力でやってほしいと思っています。むしろ遠慮しているようでは困る(笑)。
1年半後、入社したときに最高のスタートを切れるようになっているのが楽しみです。

井上:食らいついていくので、よろしくお願いします。
新卒採用の担当者として、自分に関わる人が成長できるような人間になりたいです。そのためには、まずは自分が成長することが大事だと思っています。

清家:社内には20卒の内定者もいますが、彼らと一緒に仕事をする機会も多いはず。20卒の内定者にとっては、井上さんや古川さんなど21卒の存在はいい刺激になっていると感じます。インターン内でぜひ切磋琢磨してほしいですね。

EDITOR’S PROFILE
  • Employee Success Center/Human Resource Development Team
  • MGR
浅野 翠
2011年に早稲田大学を卒業後、インターネットイニシアティブ(IIJ)やビズリーチの人事を経て、2018年にGAテクノロジーズ入社。
好物はすっぱいお菓子。
KEYWORD
新卒採用 社員インタビュー 内定者

この記事をシェアしよう SNS SHARE

MEMBER
2019/10/23
【内定者×CHRO対談】21卒が21採用を企画?!チャレンジングな選択を、リスクをとって支援したい