MEMBER

好きなことに素直に!戦略コンサル志望だった僕がベンチャーに決めた理由

KEYWORD
新卒採用 社員インタビュー 内定者

Sep

25

Fri

WORDS BY浅野 翠
POSTED2020/09/25
SHARE

就活生のみなさん、こんにちは!GA MAG.編集部です。
突然ですが、みなさん就活はうまくいってますか?
「どんな会社を選べばいいかわからない」「大手とベンチャーって結局どっちがいいの?」など、悩み多き日々を送っている方も多いのではないでしょうか。

今回はGAテクノロジーズ(以下GA)の内定者である竹内に、どのような就活をしていたか、会社を決めるにあたり大切にしていたことは何かを聞きました。

※本記事掲載の情報は、公開日時点のものです。

PROFILE
  • 2021年度新卒入社予定者
竹内 達也(たけうち たつや)
名古屋大学情報学部在籍。GAテクノロジーズでは、新卒採用チームでサマーインターンシップの企画・設計を担当。 現在は新規事業開発室を兼務。

悩むより、決めた選択肢を正解にする

― GAは知名度がそこまで高い会社ではありませんが、どこでGAを知ったのでしょう?


合同就活イベントです。
夏休み前に、母校に複数の会社が来ていて、そのうちの1社がGAでした。ただ、当時の僕は戦略コンサルに絞って就活していたので事業会社にはまったく興味がなく、そのイベントに参加した理由は「グループディスカッションがたくさんできるから」(苦笑)。GAについては「伸びてるベンチャーなんだな」くらいの印象でした。

― 興味ゼロだったんですね…。そこからどうしてGAの選考を受けることになったんですか?


サマーインターンの誘いすべてに申し込み、そのうちの1つにGAも入ってたというのが本音です。サマーインターンは頑張って20社参加しました。

― 志望度が上がったわけではなかったんですね。


申し込んだ時点ではそうですね(苦笑)。

実はGAのインターンに参加する前に、志望していた戦略コンサルから内定をもらったんです。でも全然ワクワクしなかった。その理由を考えた結果、「本当は事業がしたいから」だと気づきました。僕は大学時代からビジネスへの興味が強くて、自分で事業をするのが好きなタイプでした。でも当然ながら、コンサルは事業の当事者にはなれません。それまでは「自分は経営に関わることが好きだし、厳しい環境で成長できるといえばコンサルだろう。そこで数年働いたらベンチャーに行こう」と思っていましたが、コンサルに内定をもらって初めて「やっぱり事業がしたい」と気づいた。そこからベンチャーやスタートアップ、大手も含めた事業会社を見始めました。

― 自分が本当にやりたいことに気づいたんですね。


GAのサマーインターンに参加したのは、就活の方針を事業会社に変えたタイミングでした。かつ、「事業の経験をするなら、チャンスの量と大きさがある会社がいい」と考えていた時期です。若手にたくさん大きな挑戦をさせてくれる会社を探していました。

GAのサマーインターンで感じたのは、やはりGAはめちゃくちゃ伸びてるなということ。また、そこで話した1年目の社員の方が新規事業の企画をしており、若いうちにリスクを取ってチャレンジできるカルチャーがあるんだなと感じました。そのあとすぐに内定をいただき、すごく嬉しかったですね。

― 戦略コンサルから事業会社に志望を変えてから、あっという間の決断ですね!迷いはなかったんですか?


そこは「決め」だと思っています。自分の求める「チャンスの量と大きさ」を満たす環境があるという時点で、全部の会社を見て決めなくてもいいなと思いました。どれだけ比較して悩んでも決まらないし、入社したら他社が良く見えるでしょうし。悩むより、とにかく決める。そして選んだ結果を正解にしたほうがいい。他の会社も見てはいましたが、長く悩んでもあまり意味はないと思って決断しました。

「本当に好きなこと」に気づくことが大事

― 竹内さんはずっと起業やビジネスに興味があったんですか?


いえ、小学校から大学までサッカー選手を目指していました。プロを目指していましたが大学で怪我をしてしまい、諦めたんです。周りのメンバーが活躍しているのを見て、正直悔しかったですね。「サッカー以外の場所では負けないぞ」と思い、退部の2日後には留学を申し込み、2週間後にはフィリピンにいました。2か月でTOEIC700点になってやろうと思ったんです。当時は295点だったんですけど(笑)。

― 行動力がありますね!落ち込んだりしなかったんでしょうか?


しなかったです。「努力すれば出来ないことはない」という変な自信があるんでしょうね。

ポジティブ…

フィリピンにいる間、英語の勉強に加え、留学生に語学学校を紹介する仕事を始めました。結局、半年以上フィリピンに滞在し、大学の編入試験も受けましたね。その後カナダに留学し、そこでもサービスを立ち上げました。しんどい時期もありましたが、ビジネスって楽しいなと思っていましたね。

― 行動力がすごいです。いまはGAでどんな仕事をしているのでしょうか?


最初は新卒採用チームで、22卒サマーインターンの企画・運営を担当しました。集客や数字の管理、当日の運営まで丸ごと任せていただき、かつ初のオンライン開催。その後の面接にも関わりましたが、楽しかったです。正直なところ人事には興味がなかったのですが、企画もできたし、人やお金などリソースの使い方も学べて良かったです。

9月からは、念願だった新規事業開発室も兼務し、リリース予定の新しいサービスに関わっています。商談に同席したりアポ取りをしたりと、今は営業的な動きが多いですね。新規事業はすべてがゼロからスタートなので、やることが無限にあります。起業経験があるぶん学びが多いですし、個人でなく会社で新しい事業をつくるのを見れることが面白いです。

― 楽しそうでなによりです!今後やりたいことはありますか?


将来的にもう1回事業を作りたい、起業したいという想いは強いです。何をするかは決まっていませんが、自分で組織を作ったり、面白いと思ったものが人に届いていくことにやりがいを感じるんです。次にやるならもっと大きくしたいし、成功したと言えるものを作りたい。それまでは勉強として、事業にいちばん近いところで、できたての事業をスケールさせることに関わりたいですね。GAの新しい柱となる事業を自分発信でつくっていきたいです。

― 夢は膨らみますね!最後に就活生のみなさんへメッセージをお願いします。


会社選びは最後は「決め」とはいえ、そこまではしっかり迷ってほしいなと思います!自分に向き合って悩んで、目指す方向に自信が持てたら、あとは「決め」です。頑張ってください!

撮影:今井淳史
※本記事掲載の情報は、公開日時点のものです。

関連求人

Follow us:

EDITOR’S PROFILE
  • Corporate PR
  • GA MAG.編集長
浅野 翠
2011年に早稲田大学を卒業後、インターネットイニシアティブ(IIJ)やビズリーチの人事を経て、2018年にGAテクノロジーズに入社。2020年8月より採用広報。好物はすっぱいお菓子。
Twitter:@midoriii1221
KEYWORD
新卒採用 社員インタビュー 内定者

この記事をシェアしよう SNS SHARE

MEMBER
2020/09/25
好きなことに素直に!戦略コンサル志望だった僕がベンチャーに決めた理由