MEMBER

RENOSY ASSET MANAGEMENTって何する会社?

5分でわかるGAグループ「RENOSY ASSET MANAGEMENT」編
KEYWORD
社員インタビュー RENOSY ASSET MANAGEMENT

Jun

17

Thu

WORDS BY松元 玲奈
POSTED2021/06/17
SHARE

こんにちは、GA MAG.編集部の松元です✨
本日は、全12社で構成されるGAテクノロジーズグループから、「お客様の理想の暮らしに貢献する。」をミッションに2020年5月に現在の体制となった株式会社RENOSY ASSET MANAGEMENT(リノシー アセットマネジメント、以下「RAM(ラム)」)について紹介します!!

目次

  1. RAMの3つのポイント 〜最低限これだけ押さえておけばOK〜
  2. RAMの目指す世界 〜ミッションと紐づけて解説〜
  3. RAMの特徴 〜グループ会社との関わり方〜
  4. RAMの今後の目標 〜RAMが担っている役割〜

RAMの3つのポイント

今回は5分でわかるGAグループ「RENOSY ASSET MANAGEMENT」編ですが…。「5分も時間がない!」という方のため、サクッとRAMの概要を知っていただける3つのポイントを用意しました!最低限このポイントさえ押さえていただければ、RAMの概要を知っていただけるはずです😀

RAMは

  • 2020年5月に現在の体制となった不動産管理会社。
  • 一般的な不動産管理業務に加え、リノベーションや賃貸保証まで行っている。
  • オーナー様と入居者様の理想の暮らしに貢献する。

ここからは3つのポイントをRAM 代表の永守へのインタビューとともにご紹介していきます。

RAMの目指す世界

RAMについて「不動産管理を担っている」と紹介しましたが、具体的にはどのようなことを行っているのでしょうか?まずはRAMのコーポレートサイトのメッセージを見てみましょう。

私たちは、ただの賃貸管理会社ではありません。オーナー様の大切な資産をお預かりするだけでなく、そのバリューアップのための収益物件リノベーション、さらにはご入居者様向けのサービスとして賃貸保証や独自のプログラムを揃え、幅広くサービスを提供しています。

全ては、オーナー様がお持ちの不動産の資産価値を守り高めるために。 そして、ご入居者様に安心で快適な暮らしをお届けするために。

不動産管理の総合ソリューションカンパニーとして、
質の高いサービスの提供に努めてまいります。


※引用元:RENOSY ASSET MANAGEMENT

「ただの賃貸管理会社ではない」とは一体どういうことなのでしょうか?RAMのミッションである「お客様の理想の暮らしに貢献する」に込めた想いと合わせて質問してきました。


松元:RAMは何をしている会社なんですか?

永守:いわゆる賃貸管理の会社です。 もう少し分解すると、主にGAテクノロジーズで購入いただいた投資用不動産を対象とした管理やその入居者様のサポートを行っています。 一言でいうと賃貸管理なのですが、賃貸管理だけを行っているわけではありません。

松元:賃貸管理だけではないんですね。ほかにはどのようなことを行っているんですか?

永守:賃貸保証、リノベーションなどの事業をしています。

松元:なぜこのように多くのことを行っているのですか?

永守:これには私たちのミッションである「お客様の理想の暮らしに貢献する」というものが大きく関わっています。 私たちのお客様は、主にオーナー様と入居者様です。オーナー様の多くは未来の生活をよりよくするためにGAテクノロジーズグループで投資用の不動産を購入いただいています。 つまりオーナー様それぞれに将来の理想があってマンションを購入するわけです。

一方入居者様は新しい部屋に住むとなった際に、その部屋でどんな毎日を過ごしたいのか、それぞれの理想の生活があるわけです。 今大別した二つのお客様には、それぞれに理想が存在していますよね。そのお客様と直接的、あるいは間接的に管理という事業を通じて接点を持てるとすると、私たちが実現するべきはその理想の暮らしに貢献することです。 それを実現するためには単に部屋に不具合があったときになおす、といった業務だけでは不十分です。

オーナー様の目線に立てば、物件の付加価値を高めるために適時にリノベーションを行うこと、それも値段は抑えつつ、魅力は最大限発揮できるようなものをお届けする必要があります。入居者様からすれば、住みたいと思うようなお部屋を作ることができ、両方の理想の暮らしの実現に近づくのではないでしょうか。

保証についても同じで、入居者様が物件に住みたいと思ってもちゃんとした保証を受けられなければ、その物件への入居が認められません。そこで私たちがお客様の理想を実現していこうと思えば、保証事業も必要なものになります。 私たちはなんとなくこの事業を行っているのではなく、お客様の理想の暮らしに貢献するという、存在意義ともいうべきものを実現するためにそれぞれの事業が必要ということです。これがすごく大事で、ほかの管理会社と違った事業構成になっている理由かもしれないですね。

松元:ミッションである「お客様の理想の暮らしに貢献する」という思いがすべての根幹にあるんですね。ミッションを達成するために、どういった思いをもって業務に取り組んでいるんですか?

永守:「管理会社の概念を変える」という思いがあります。不動産業界はアナログだと言われていますが、その中でも賃貸管理は圧倒的にアナログです。お客様にお届けできる価値も旧来から変わっておらず、管理会社ごとにあまり差はありません。

たとえばほかの商品やサービスでは会社名で商品やサービスがイメージできるとか、商品を選ぶということがありえますよね。管理会社に関してはそういったことは現状ほとんどないでしょう。

私たちはテクノロジーとイノベーションによりお客様に付加価値をお届けしたいと思っています。これは管理会社に対する世の中のイメージとは必ずしも同じではないかもしれません。「管理会社の概念を変える」、これはミッションと同じように大切にしているものです。

RAMの特徴

ここまでRAMの事業に関してご紹介しました。RAMがただの管理会社ではない理由はその特徴にもあるようです。


松元:ほかの管理会社にはない、GAテクノロジーズグループの管理会社だからこそのRAMの特徴はなんですか?

永守:テクノロジーの活用、とりわけイタンジをはじめ、グループで生み出すプロダクトの活用があげられると思います。たとえばイタンジが提供する、これまで世の中になかったお客様や管理会社や不動産業界に対するサービスを、同じグループの一員として真っ先に実施できることはRAMの大きな特徴です。

松元:グループの強みを活かしているということですね。イタンジとの関わりを通してどのようなことを行いたいですか?

永守:グループに不動産業界を変えようとする存在がいて、そのビジネスの根幹が管理会社や賃貸仲介といった私たちが存在している事業ドメインに一石を投ずるような商品やサービスを作っているわけなので、それを実際に使ったらどうなるんだというのを体現したいです。というより体現しなければならないですね。私たちが管理会社の概念を変えるほどに効率性を高めるとともに、お客様に付加価値の高いサービスをお届けできることが示せれば、イタンジのサービスやテクノロジーを使うことの意義が伝えられると確信しています。

RAMの今後の展望

松元:RAMはGAテクノロジーズグループの中で今後どのような役割を担っていきたいですか?

永守:管理戸数が増え、規模は大きくなっています。それに伴ってオーナー様や入居者様といったお客様の数も増えていきます。今でもそうですが、今後さらにGAテクノロジーズグループの中で最もお客様との接点が多い存在になっていきます。お客様との接点が圧倒的に多い私たちだからこそ、GAテクノロジーズグループの持っている様々なサービスをお客様に幅広くお届けできるような、シナジー拡大の起点の役割を担っていきたいと考えています。

松元:RAMからGAテクノロジーズグループのサービスが広がることも、今後さらに増えそうですね。余談なのですが、永守さんは朝早く起きて管理物件を掃除しているという噂を小耳にはさみました。どうしてお掃除されているのですか?

永守:私だけでなく入居者様の募集に関わるメンバーもしています。理由はさまざまあります。まずオーナー様からお預かりしている大切な資産を、最善の状態であり続けるよう努めるということです。当然のことだと思います。

それは、入居者様から選ばれることとも関連します。私たちは物件に行きお部屋の掃除はもちろんですが、加えて鍵の場所など物件の周辺の確認をしています。空室物件は現地に鍵が設置されているのですが、わかりにくい場所にあれば設置位置を変えるようにします。そうすることで仲介会社の方がお客様に物件を紹介する際にスマートにご案内ができますよね。お部屋が綺麗であれば、内覧時に安心してご案内いただける。パートナーである仲介会社さんがお客様からの信頼をより厚いものにできるようにすること、これは結果として私たちが管理している物件、すなわちオーナー様の大切な資産を選んでいただくことにつながると考えています。

松元:GAテクノロジーズグループとして大事にしているGAGS(※)のHEARTやWIN‐Xを体現しながら毎日の業務行っているんですね。ありがとうございました。

※撮影:今井淳史
※:GA GROUP SPIRITS(通称:GAGS)
GAGSはGAが創業時から大事にしてきた「WILL」「PROFESSIONAL」「WIN-X」という3つのバリューと、「HEART」「GRIT」という2つの価値観を融合し、明文化したもの。


いかがでしたか?
日々新たなサービスや取り組みがスタートするGAグループですが、こうやってあらためて紹介することで私たちの活動が少しでも伝わっていれば幸いです。

それではまたGA MAG.でお会いしましょう!

※本記事掲載の情報は、公開日時点のものです。

Follow us:

EDITOR’S PROFILE
  • Communication Design Center
  • 22卒内定者インターン
松元 玲奈
2022年4月に新卒入社予定。
現在はCommunication Design Centerにて、The storeの企画やGA MAG.の執筆を行っています。
クレヨンしんちゃんとスラムダンクとゴシップガールが好き。
KEYWORD
社員インタビュー RENOSY ASSET MANAGEMENT

この記事をシェアしよう SNS SHARE

MEMBER
2021/06/17
RENOSY ASSET MANAGEMENTって何する会社?