PEOPLE開発力も企画力も。あらゆるスキルを身につけ、より良いプロダクトを生み出していく

SHARE
エンジニア新卒入社
浜野 佳織
PROFILE
千葉県出身。学生時代は生物化学系の研究室に所属。2018年に新卒でGA technologiesにプログラミング未経験のエンジニアとして入社。現在はBoosterチームに所属し、リアルな不動産取引に関わる社内の業務を効率化するシステムの企画・開発に携わっている。

研究者への道を断念し、エンジニアとして新たな一歩を踏み出す

―浜野さんの学生時代について教えてください。

研究職に就きたいと思い、理系の大学に進学し化学を専攻。生物化学系の研究室に所属し、細胞のストレスに対する反応について研究をしていました。化学を選んだ理由は、高校在学時に先生から「新しいものを生み出すことができる分野は化学だけだ」という話を聞いて面白そうだと思ったから。また、研究者の中でも企業の研究部門で働きたいと思っていました。
しかし、実際に進学して学部の授業を受ける中で、自分はこの分野に向いていないなと感じました。私が勉強していた分野は基礎研究だったので、研究を始めてから結果が出るまでにかなりの時間を要します。特にそこが自分には合ってないなと思いましたね。

それまでは学部の勉強に専念していましたが、その気づきを得てからは学外での活動に注力するように。企業のインターンに参加したり、サマースクールで海外に短期留学をしたりしていました。


―就職活動の軸や志望していた企業を教えていただけますか?

今でこそエンジニアとして開発に携わっていますが、就職活動を始めた当初はエンジニアについて全く何も知りませんでした。そんな私がエンジニアに興味を持ったのは、とある企業でのインターンがきっかけ。そこで初めて、学生時代の専攻を問わずエンジニアとして働くという選択肢もあるんだと知りました。ベンチャー企業を調べ始めたのも、そのタイミングからでしたね。

ただ、未経験からエンジニアとして採用してくれる企業はないだろうと思い、当時はエンジニアと近い環境・職種で働くことができる企業を探していました。そんな中で見つけたのがGAテクノロジーズ。入社を決めた要因はいくつかあるのですが、自分にとっては未経験からエンジニアとして採用してくれることが最終的な決め手でした。

様々なスキルを身につけ、プロダクトの開発も企画も一手に担えるように

―入社してからどのような仕事に携わってきましたか?

2ヶ月間の研修を経て、最初に配属されたのは新規プロダクトの開発を担っているチームでした。そこで担当したのは、新しい社内向けのシステム開発。開発チームの人数が少ないこともあり、良くも悪くも自由な環境で仕事をしていました。上司から任せてもらったタスクをこなすために日々知らないこと・分からないことについて学び続けましたし、社内向けのシステムだったので、現場で働いている方々の課題を理解するために毎日のようにヒアリングを繰り返していましたね。

担当していたシステムをリリースした後は、Boot Campという新卒エンジニア向けの社内研修プログラムに参加。それまでは自分のスキルがどのくらいのレベルか全く理解していなかったのですが、Boot Campに参加することによって理解することができました。「自分ってこんなことも出来ないんだ」と。現場での開発を経験してきたからこそ、最初はそんな現実を突きつけられるのが精神的に辛かったです。ただ、Boot Campではそういった精神的なことも含めて「エンジニアとして働くこと」について教えてくれる場所。講師を担当している上司に支えていただきながら。また、同じタイミングでBoot Campに参加していた同期や後輩たちと切磋琢磨しながら最後までやりきることができました。

そして現在は、再び社内システムの開発に携わっています。最近、無事にリリースまでは辿り着けたので、今後はより現場の課題を深く理解するために業務体験やヒアリングなどをしながら機能追加に挑戦していこうと思っています。


―エンジニアになって良かったと思いますか?

本当に良かったと思っています。まず自分にとっての何よりのメリットは、好きなことを仕事に出来ていること。もちろん辛いことがないとは言いませんが、毎日楽しみながら仕事をすることができています。

また、現場の課題に対する解決策を提案するだけでなく、自分で形にすることができるようになったこともメリットの一つですね。エンジニアリングができない場合は、企画はできても具体的な解決策を形作ることはできない。この差は本当に大きいと思っています。いずれは一つのプロダクトを任せてもらえる人材になりたいと思っているので、開発のスキルだけでなく企画力も磨いていくつもりです。


―これから挑戦していきたいことはありますか?

2年後くらいには一つのプロダクトを任せてもらえる人材になりたいと思っています。
そのためにも、目の前にある仕事を一つ一つ着実にこなしていきながらスキルを伸ばしていくつもりです。

もっと長期的な目標でいうと、女性にエンジニアという選択肢に目を向けてもらえるきっかけ創りをしていきたいですね。エンジニアは比率で言うと女性が圧倒的に少ないですが、それがそもそもエンジニアという選択肢を知らない状態でそうなっているのであれば非常に勿体無いことだと思っています。だからといって、「エンジニアは楽しいし将来性もあるから、エンジニアになろう!」という価値観を押し付けるつもりは全くありません。ただ、自分の将来を考えるときにエンジニアという選択肢がある女性が増えればいいなと思っています。

※本記事は作成時点での情報を参考にしております。最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

新卒採用(技術職)

関連情報

同じタグのPEOPLE記事を読む

関連ニュース

SHARE