PEOPLE「働く」「住む」をシームレスに。空間に新たな可能性を設計する

SHARE
設計中途入社
諸橋 俊
PROFILE
千葉大学大学院卒業。新卒で三菱地所設計に入社し、オフィスビルを中心に大規模プロジェクトに関わる。LINEに転職後、働く環境のハードデザインを実践し、LINE本社やその他オフィスをインハウス設計として手掛ける。その後GAテクノロジーズにジョインし、住環境空間を実践しながら「働く」と「住む」を一体的に捉えたライフデザインを提案している。一級建築士・インテリアデザイナー。

幼少期から建築に憧れ、設計の世界に飛び込んだ

―諸橋さんのこれまでについて教えてください。

初めて建築に興味を持ったのは小学生のときでした。実家を新築することになったのですが、最初は何もなかった場所に大工さんがあっという間に家を建てていくのが不思議で、子どもながらにすごく感動したんです。「20~30年も住む家をこんなに少人数で建てるのか」と驚き、なにかしら建物に関わる仕事をしたいと思いました。当初は大工さんやクレーン車がかっこいい、と安易に考えていましたが、建物が完成するまでに複数の工程があることを知ってからは「自分で何を作るか決められるほうがいい」と考え、設計を志しました。

大学では建築学科を専攻し、大学院に進学。建築学科は非常に忙しく、研究室に寝袋を持ち込んで泊まりこむことも日常茶飯事です。もちろん旅行もしましたが、目的は建物を見に行くことでしたし、同級生は仲間でありライバル。いわゆる大学生らしいキャンパスライフではなかったかもしれませんが、一生の仲間ができた良い経験だったと思います。いま思えば、競い合い支え合う雰囲気は、GAテクノロジーズに通じるところがありますね。

新卒では三菱地所設計に入社しました。設計を仕事にする場合、「大きな企業でサラリーマンとして手掛ける」か「建築家として作品を出す」の大きく2パターンに分かれます。私は多くの人に影響を与える大きな仕事がしたいと思い、大手をを選びました。多様な経験ができるのでは、と考えたのも理由のひとつです。当時手掛けたのは、オフィスビルなど「働く」環境が多かったですね。仕事の進め方や、設計の勘所をつかむ基礎固めの時期だったと思います。

大きな仕事ができる一方、「自分ができるのは、極端に言えば大枠のハコを作るだけだ」と感じるようになりました。オフィスビルが建ったあとは、そこに入居するそれぞれの会社が内装を手掛けるわけですから。地図に建物の名前が残る大きな仕事ではありましたが、実際にそこで働くわけではありませんし、人が働いている様子を見て改善することもできません。「もっとお客様目線で設計ができるようになりたい、自分や仲間が使う空間づくりをしたい」と考え、LINEに転職しました。

LINEでは福岡やベトナムなど複数の自社拠点を手掛け、実際に使いながら改善点を見つけることができました。自社拠点の場合、会社を表すカラーやテイストがあるので基本的には統一感を持たせますが、国や文化が違うので適度にローカライズするなどの工夫も必要。難しくも面白い経験ができましたね。


―GAテクノロジーズとの出会いのきっかけはなんでしょうか?

オフィスや店舗などの「働く」環境以外も手掛けたい、という想いが強くなったんです。私は以前から、「働く」と「住む」場所の区別はなくなっていくと考えていました。いまはコロナの影響もあり、自宅で仕事をすることは当たり前ですよね。働き方が変わってきたことを、多くの方が実感されているのではないでしょうか。
しかし、「住む」と「働く」を掛け合わせた空間を作れる人はなかなかいません。そういう新しいチャレンジがしたいと漠然と考えていたときに、GAテクノロジーズと出会いました。面接で自分の考えを伝えたところ、事業部長が共感してくれ「うちでやってみたら」と言ってくださったのが決め手でしたね。

住宅もオフィスもできる会社だからこそ、提供できる価値がある

―今はどんな仕事をしていますか?

自社オフィス、住宅、ショールームなど複数の案件に携わっています。
初めて住宅を手掛けたのは、GAグループ社員の自宅でした(笑)。住宅とオフィスでは、接客スキルや費用に対するお客様の感情も全く異なるので、とても勉強になりましたね。また渋谷や六本木にショールームを作るなど、入社1年目とは思えないほど重要な仕事も任せていただきました。怒涛の日々でしたね。
大手とベンチャーの両方を経験した身として、それぞれの良さを知っているつもりですが、成長スピードを求めるなら圧倒的にベンチャーだなと実感しています。

GAテクノロジーズは柔軟性が高い人が多いですね。世の中の空気を敏感にキャッチし、何が求められているかを考え、高速でPDCAを回している。自分の軸や芯を大切にしつつ、「世界のトップ企業を創る」というビジョンに合わせるのが得意な人が集まっている印象です。
また、ポジティブな人も多いですね。新規事業や採用など積極的な投資をする会社なので、「やばい!」という時もあるのですが、悲観的になるどころかむしろ張り切って乗り越えていますから(笑)。その状況すら楽しめる人が多いんでしょうね。どんな情報も社員にオープンにしている社長の力も大きいと思います。


―今後、どんなことに挑戦したいですか?

六本木に作ったショールームでは「4D RENOVATION™」※を提案し、「住む」に「働く」を組み込むことができたと思っています。次は「働く」に「住む」を溶け込ませたいですね。GAテクノロジーズは創立5年で上場し、ここ3年で社員数が6倍に急増している会社。 この急速な成長を支えられるオフィスが作れれば、そこで培ったノウハウを他社に展開できると思うんです。「設計して終わり」ではなく、実際にそこで働くからこそできることがたくさんありますから。変化に対応しやすい、フレキシブルに働ける空間を提案したいですね。

※4D RENOVATION™(4D リノベーション):空間を一つの利用目的だけでなく多目的に有効利用できる快適な家づくりを提供するリノベーション


―最後に、GAテクノロジーズを一言で表すなら何ですか?

「チャンスがたくさん入っている宝箱」。いたるところにチャンスがある会社だと思います。任された仕事をちゃんとやってさえいれば、自分がやりたいことにどんどん挑戦させてもらえる。いろんな会社を見てきましたが、ここまで自由な環境は他にないと思います。目指すものが「世界のトップ企業」と非常に高いからこそ、まだまだチャレンジできることばかりだと思いますね。

※本記事は作成時点での情報を参考にしております。最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

中途採用(ビジネス職)

SHARE