PEOPLE閉鎖的な不動産業界を、オープンで透明感ある世界に変えていく

SHARE
セールス中途入社
馬場 康文
PROFILE
2013年に株式会社 Modern Standardに入社。高級賃貸サービス「MODERN STANDARD」のエージェントとして、BtoCの賃貸仲介業務や賃貸管理業務に従事する。その後、2020年1月に同社がM&AでGAテクノロジーズグループに参画。現在は、高級賃貸領域のゼネラルマネージャーを務める。

ー 馬場さんが在籍する株式会社 Modern Standard(以下、モダンスタンダード)は、M&AでGAテクノロジーズグループに参画しました。M&A以前は、どのような業務に携わっていましたか?

馬場:モダンスタンダードが富裕層や高所得者層向けに提供している高級賃貸サービス『MODERN STANDARD』(※1)のエージェントとして、BtoCの不動産賃貸営業に携わってきました。

Webサイトからお問い合わせいただいたお客様や、店舗に来店してくださったお客様に対し、ご希望条件のヒアリングや最適な物件のご提案、内見のご案内、申込・契約手続きなど。そうした賃貸仲介に関わる業務全般を、入社後から一貫して担当しています。

(※1)MODERN STANDARDは、 2020年11月 GAテクノロジーズが運営する「RENOSY」とサービス統合しました。

ー M&A後も同様に、賃貸仲介業務を担当しているのでしょうか?

馬場:M&A後は、しばらく賃貸仲介の現場を離れていました。その理由はGAテクノロジーズグループの方々に「モダンスタンダードはどのような会社か」を認知してもらう必要があると考えたからです。また、私たちも同様にGAテクノロジーズグループについて深く知る必要がありました。

そのため、グループに加わってからしばらくは各部署を回り、モダンスタンダードに対する理解や認知度の向上に取り組みました。その後、2ヶ月ほど組織改編や現場の業務改善に注力した後、現在は再び現場に戻っています。


ー GAテクノロジーズグループ参画後に感じる変化はありますか?

馬場:何よりも、働き方の意識が変わったと思っています。特にシステムが関わる箇所に関して、これまでは「できないこと」から考えるケースがほとんどでした。それは社内にエンジニアがおらず、自分たちだけでは実現できないことが多かったからです。

しかし、今は同じグループ内にエンジニアがいるため、「どうすれば実現できるか」を彼らと一緒に考えることが多くなりました。この意識や環境の変化は、非常に大きいと思っています。


ー エンジニアと連携することによって、今まで実現できなかったことも出来るようになったんですね。

馬場:はい。外注していた時よりも密に連携が取れるため、圧倒的なスピードで改善が進んでいます。

例えば、業務改善という観点でいうと、これまでエージェントが手動で行ってきた事務作業を自動化しようとしています。私たちが事務作業に費やす時間が少なくなればなるほど、その時間をお客様のために使うことが出来るため、アナログな業務を洗い出し、システムによる改善を試みています。

また、並行してサービスサイトの改善も進めています。M&A後の事例では、オンライン面談の導入や動画コンテンツの制作。Beike Investment Holdingsとの提携による3Dオンライン内覧といったコンテンツ追加を行うことにより、お問い合わせも増加傾向にあります。

そのように、これまで実施した施策が徐々に実を結びつつあるので、今後もより一層連携を強め、アナログな業務やサービスの改善を実施していきます。

ー 今後の目標、挑戦していきたいことを教えてください。

馬場:RENOSY(※2)とのクロスセルです。

MODERN STANDARDのお客様の中には賃貸だけでなく、不動産投資や居住用物件の購入、所有物件の売却に興味を持っている方がいらっしゃいます。また、もともと賃貸を検討してくださっているお客様の中には、賃貸ではなく購入の方が適しているお客様もいらっしゃいます。

そのように私たちが提供しているサービスは、各不動産取引とのクロスセルによるポテンシャルが非常に大きいと考えています。そのため、不動産投資や購入、売却といった各サービスとの連携を強化し、賃貸だけでなくお客様が望むサービス全てを一気通貫で提供することができる環境を整えていきたいですね。

(※2)GAテクノロジーズグループが運営する不動産テック総合ブランド。https://www.renosy.com/

ー 最後に、どんな人と一緒に働きたいか教えてください。

馬場:何よりも、自分で考える力を持っている人と働きたいです。上司や先輩、マニュアル頼りに働くのではなく、その時々の状況に沿って自分なりの最適解を考え、行動に移すことができる。そんな人と一緒に働きたいと思っています。

また、自己投資ができることも重要ですね。インターネットなどから知識を吸収することはできても、実際に体験している人間が語るのと、知識を知っているだけの人間が語るのでは言葉の重みが全然違います。

MODERN STANDARDを利用してくださっているお客様が、社員よりも高級賃貸に詳しいのは、お客様が実際に高級賃貸物件に住んでいるからです。そうしたお客様と接する上では、物件に関する知識はもちろん、富裕層の方が住んでいるエリアや通っているお店。所有している車や、身につけている時計など、お客様の生活に関わるモノやコトを自ら体験することも必要になってきます。「それって本当に必要か?」と思う人もいるかもしれませんが、そうした投資をできているエージェントが着実に成果を上げている事実があります。だからこそ、自己投資できるか否かも重視しています。

そして最後に、情報を検索する力を持っている人です。わからないことや疑問点があった時に「なぜそうなっているのか」を考え、それに対する適切な情報を検索できるスキルも非常に重要です。また、今はいたるところに情報が溢れている時代。どこから情報を取得してくるかや、その情報が正しい情報か否かを見極めることも必要になってきます。

このような意識やスキルを持っている人が、今後の成長を牽引していくと確信しているので、そのような人たちと一緒に働けることを楽しみにしています。

※本記事は作成時点での情報を参考にしております。最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

中途採用(ビジネス職)

関連情報

同じタグのPEOPLE記事を読む

SHARE