PEOPLEスピード感とテクノロジーの力で、社会に貢献できる技術者に

SHARE
AIエンジニア中途入社
堀 恵実
PROFILE
名古屋工業大学大学院を卒業後、独立行政法人に総合職として入社。2019年にGAテクノロジーズにジョインし、AI Strategy Centerにて研究開発に携わる。

― まず堀さんのこれまでについて教えてください。

子どもの頃から、ゲームの中でキャラクターが動くのがすごく不思議でした。PCは普段の生活に欠かせない身近なものなのに、なぜ動くかはよくわからない。高校生のときは中身を知りたいと思い、友人たちと実験室で分解したこともあります。
大学では情報工学を専攻し、ゲームを作る技術なども学びました。大学院に進学する人が多かったので、私も自然とその道を選びました。

大学院卒業後の進路としては、そのまま研究に進む人と就職する人に分かれますが、私は後者でした。とにかく社会貢献したいという気持ちが強く、私の場合は就職したほうがその夢が叶えられると感じたのが理由です。最終的には、テクノロジー化を推進する省庁所管の行政機関機関を選びました。

そこでの仕事は、国の政策に関わるなどやりがいもあったのですが、組織としてのテクノロジー化は非常に遅れている印象を受けました。もともと紙の書類が多いことに加えて、会議のために書類を印刷したり、何か一つのことを実行するために何人もの承認をもらうなど、文化の面でも歯がゆく感じる場面が多かったんです。「もっと手を動かしたい、これだと遅すぎる」という焦りを強く感じ、入社して半年が過ぎた時期には転職を決意しました。


― GAテクノロジーズに入社したきっかけを教えてください。

GAテクノロジーズのことは、転職活動のなかで初めて知りました。「不動産業界はアナログで、テクノロジー化が遅れている」ということはよく知られていますが、GAテクノロジーズはそのなかでもテクノロジー化を実現しつつある会社だと感じました。

不動産業界のテクノロジー化が成功すれば、公務員や医療など他業界にも応用できる。自分がGAテクノロジーズに入社すれば、そのスピードを加速できる。そう考えて入社を決めました。

また、研究してからプロトタイプに持っていくスピード感も魅力でしたね。「研究から学会発表を経て会社で製品化し、事業化」という流れはどれだけ早くても3年はかかる印象がありますが、GAテクノロジーズならすべて社内で完結できるので、研究から事業化までがとにかく速い。これは私の考えですが、どんな研究でも事業化されて初めて社会貢献につながると思うんです。転職先として研究所ではなく事業会社を選んだのは、その理由が大きいですね。

あとは、マネージャー以上が実際に手を動かしているかも重視しました。その点GAテクノロジーズは、稲本さん(※現CAIO)が「今でもたまに開発もしている」とおっしゃっていたのが印象的でした。同じ部署で働くようになって一層伝わるのですが、忙しい中でも時間を見つけて、実際に手を動かしてプロトタイプとして現場に渡している。マネージャー以上でもそういう動き方をしているからこそ、会社全体でこのスピード感が実現するんだろうなと思いました。

大学時代の友人は大手企業を選ぶ人が多く、GAテクノロジーズのようなベンチャーに行く人はほとんどいませんでしたが、そこはあまり気にならなかったですね。


― 今はどんな仕事をされていますか?

入社して最初に担当したのは、「BEST BASHO(ベスト場所)」というシステムの開発です。アーロンさんが考えたアルゴリズムを、プロトタイプにして現場で使えるようにしました。学生時代の開発経験を活かせたので楽しかったですね。

現在は、地域ごとの「住みやすさ」をスコアで表す研究をしています。お客様が物件を選ぶ際に参考にしていただくデータなのですが、こういった情報は従来は担当するセールスの経験則によるところが大きかったんです。駅やコンビニ、飲食店や学校などへのアクセス情報だけでなく、犯罪や災害の発生情報などさまざまなデータを加味した「住みやすさ」の分析を行っています。

これら複数のデータは公開元や提供元がバラバラなので、分析しやすくするためにデータをきれいに整える必要があるのですが、これが結構大変ですね。また、お客様からするとどういう要素があれば「住みやすい」と感じるのかも非常に重要なポイントです。一人暮らしかファミリーかによっても、便利と感じる指標は異なりますよね。それ以外にも、「住みやすさ」については十人十色の考え方があるので難しいのですが、だからこそとても面白い。東京に住んだことのない人でも安心して家探しができるようなシステムを作って、すこしでも早く多くの人に使っていただきたいですね。


― どんな人がGAテクノロジーズに向いていると思いますか?

「研究だけ、開発だけしたい」という人は、GAテクノロジーズでAIエンジニアとして働くのは向いていないかもしれません。研究の中身やアルゴリズムを理解できないと研究の精度を維持してプロトタイプ化することができないし、開発経験がないと現実的な企画は難しいです。研究も開発も両方やってみたい、という姿勢が大切です。

また、これはAIエンジニア以外にも言えることですが、自己研鑽は不可欠です。最新の研究や、業界の動向を自ら知りに行く姿勢がある方は向いていると思います。あとは、最新の論文は英語で書かれていることも多いので、私も日々語学の勉強をしています。


― 今後の目標を教えてください。

事業貢献という意味で、もっとアウトプットできる技術者になりたいです。GAテクノロジーズに入社してから1度論文発表をしていますが、技術力も専門性ももっと高めたいですね。


― 最後に、GAテクノロジーズを希望する方へのメッセージをお願いします。

学生の方は、いま取り組んでいる研究を、しっかり目標までやりきってほしいです。就職を考える時期になると、つい気持ちが焦ってしまって目の前のことがおろそかになりがちですが、論理的に整理する力やプレゼンテーションスキルなど、大学での研究活動から学べることもたくさんあります。それが入社後の糧になるので、ぜひ悔いのない学生生活を送ってほしいなと思います。

新卒採用(技術職)

中途採用(技術職)

※本記事は作成時点での情報を参考にしております。最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

関連情報

同じタグのPEOPLE記事を読む

SHARE