IR社外取締役
インタビュー

SHARE
学生のみなさまへ人事責任者 清家から伝えたいこと
社外取締役 監査等委員
猿渡 裕子Yuko Saruwatari

PROFILE

千葉大学卒。公認会計士、税理士、公認情報システム監査人(CISA)。1989年、中央新光監査法人に入所し、製造業を中心とした会計監査業務に従事。1996年、猿渡公認会計士事務所を開所。税務、財務書類作成支援、内部統制構築支援、事業会社の社外監査役を務める。2004年に東陽監査法人に入所し、2013年にはパートナーとなる。証券業、金融分野やシステム監査に精通。2020年、当社の社外取締役監査等委員に就任。

TOPIC 01

まずは、GAテクノロジーズの社外取締役に就任された経緯や、引き受けられた理由について教えてください。

きっかけは、取締役会事務局の方々よりお声がけいただいたことです。ちょうど、GAテクノロジーズ(以下、GA)が監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行を検討しているタイミングで、ダイバーシティの観点から女性の社外取締役を探されているということでした。一般的に監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行すると、経営のスピード感は落ちてしまいがちですが、新しい会社であるGAの現状において「内部管理体制やガバナンスを強化するためには改革をしなければいけない」という意志を非常に強く感じましたので、その点ではお役立てると思いました。またGAはどんどん新しいことにチャレンジする面白い会社ですし、そういう会社にぜひ携わりたいと思い、就任させていただきました。

TOPIC 02

就任前と就任後の印象は変わりましたか?

全体的に「風通しが良い会社」という印象は変わらないのですが、失礼ながら若いながらも経営陣が思った以上にしっかりされていると思いました。接するのは主に取締役会の場ですが、その時の発言や洞察、そして毎週開催される朝会での社員のみなさんに対するメッセージが非常に人間的に素晴らしく、人から好かれる人たちだなと感じました。各部署に必要かつ優秀な人材が揃っている点を見ても、人を見る目もある経営陣ですね。

また、社員の皆さんが非常に活発であるという印象を受けました。そして、彼ら社員のモチベーション向上やコミュニケーションを取るための施策を、いろいろとやっていらっしゃいますよね。特に、半期に一度の表彰式である「GREATEST AWARDS」は、見るからにエネルギーのある会社のイベントだなと感じました。私が今まで携わってきた会社でここまで元気のいい会社はなかったと思います。

TOPIC 03

ご自身の社外取締役としての役割についてはどうお考えですか?

私自身は公認会計士であり、税理士であり、同時に公認情報システム監査人という立場で、今まで会社の会計、財務、税務やシステムについて見てきました。そういう経歴からお声がかかったのでしょうから、当然その観点でのガバナンスの構築が私の役割だろうと思っています。
そうした観点から見たときに、GAは従来から使用している業務システムが多種多様であり、また、様々な業態の会社をM&Aによりグループ会社化しているため、相互連携をしづらいことがウィークポイントだと思います。流動的に会社がどんどん急拡大していく中で、M&Aなどは予測できるものではないため、より長期的な戦略を立てられるよう、システム面での進歩は望まれます。システム開発に関わる改善は期待しているところです。

TOPIC 04

テクノロジー化を推進していく中で、不動産業界においてのGAテクノロジーズの役割について、何かお考えがあれば教えてください。

不動産業界は「旧態依然とした業界」というイメージがありますが、そういうところで、風穴を開けている会社だなと思っています。古くからの業界ですので「テクノロジー化」が急に浸透するわけではないものの、この1年間見てきて会社のプロダクトも進化・増加していますし、ネットワークも広がっているので会社の戦略に沿った動きがされているんだろうと思います。GAのビジョンは「世界のトップ企業を創る。」ですが、たしかに他に類がないような業界のリーダーになってくれるのではないかと期待しています。

TOPIC 05

最後に、ステークホルダーの皆さまに一言お願いいたします。

GAテクノロジーズは、成長している企業らしく、非常に風通しのいい組織です。社外取締役は全員が異なるバックグラウンドを持っており、それぞれが知見やキャリアを尊重しながらお互いに意見交換をしています。共通しているのは、全員GAを心から応援していること、また何より成長を願っている点です。成長の一助を担えるよう、社外取締役として貢献していきたいと思います。

当社のオウンドメディア『GA MAG.』でインタビューの全文を公開しております。そちらもぜひご覧ください。

READ MORE