NEWS

お知らせ

PRESS

2018.01.19

首都大学東京とのAIを活用した生産性向上に関する共同研究成果発表会を実施

首都大学東京とのAIを活用した生産性向上に関する共同研究発表
産学連携で不動産業界の業務効率化を目指し、業務時間最大55%削減に成功

〜AI活用や業界初のマイソク(※1)自動読み込みシステムでRPA主体の生産性向上により働き方改革を推進〜

1月18日(木)に首都大学東京(学長:上野 淳) 高間研究室と、不動産テック分野における生産性向上に関する共同研究発表会を開催いたしました。発表会では、AI(人工知能)を活用した物件レコメンドシステム(※2)の共同研究事例や、自社内での業界初のマイソク自動読み取りシステム開発を始めとするRPA(※3)実現により、不動産業における業務改善に大きな成果が認められたことを、ご報告いたしました。産学共同研究では、AIの機械学習を活用した物件レコメンドシステム導入により、リノベーション業務における物件提案までの時間(中古不動産仕入れ業務のスピード)を最大55%まで削減することに成功いたしました。また、AIの画像解析技術を活用した不動産業界初のマイソク自動読み取りを始めとするRPA実現では、物件仕入れ業務に係る時間を1/3に圧縮することに成功いたしました。