NEWS

お知らせ

2018.11.15

リリース 

新執行役員就任のお知らせ

当社は、本日11月15日(木)に開催した取締役会にて、野口 真平(のぐち しんぺい) の執行役員就任を決議いたしました。  

野口は、イタンジ株式会社にて賃貸領域での新サービス開発や法人向けプロダクト販売において高い実績を有しております。当社では、今回の新役員就任により信用経済を見据えた次世代型賃貸サービス「賃貸3.0(※)」の実現に注力してまいります。

● 新執行役員 野口のコメント  
不動産業界は、業者の都合で消費者に不利益を生み出している事が非常に多い業界です。インターネットが普及した現代においても、消費者は物件に関して最新の情報や、正しい情報を知る事ができません。私がイタンジでの経験を通じて学んできたことは、そういった状態を生み出している不動産業界の構造そのものです。技術の進歩が著しくても、それを不動産会社が活用していかなければこの構造は改善しません。そして、多くのIT会社が提供する高いレベルの技術は、その技術を活かす事ができておりません。不動産業界では、本当に必要とされる局面において、出来るだけシンプルに、効果的なサービスを提供する必要があります。

GAテクノロジーズとイタンジは、そのようなことを不動産業者の立場であるからこそ実現できる数少ない会社だと思います。これまでの失敗と成功の体験を活かして、不動産業界の常識を、確かな戦略で変革していきたいと思います。


◆プロフィール

早稲田大学卒。大学在籍中、早稲田大学主催のビジネスプランコンテスト優勝、同卒業後、IT 企業に入社。WEB エンジニアとして大手企業の基幹システム設計を担当。同時期に、起業しヘルスケア領域における求人メディアを公開。わずか1年で月間数万人が訪問する業界トップクラスのメディアに成長させ、上場企業へ売却。2014年2月イタンジ株式会社に参画。同社でWEBマーケティング、賃貸仲介、システム開発、管理会社向けシステムのコンサルティング業務を経て、2016年4月、執行役員に就任。2018年11月1日より同社代表取締役社長に就任。2018年11月15日より株式会社GA technologies 執行役員に就任。

(※)「賃貸3.0」:信用経済を見据えたオンライン完結の次世代型賃貸サービス。賃貸3.0の世界ではデジタル化による完全オンライン取引をはじめ、AIやデータ技術とを組み合わせることで、従来の賃貸サービスが提供してきた契約や管理のみにとどまらず、賃貸から始まる統合的な賃貸住環境サービスの提案を目指す。