ディスクロージャーポリシー

IR基本方針
当社は、株主、投資家をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様に対して、適時・適切に会社の情報を開示することは上場企業としても責務であり、この責務を果たすことが健全な証券市場を担う一員として必要不可欠であることを十分に認識し、常に株主や投資家の皆様の視点に立ち、迅速・正確かつ公平な会社情報の開示を行うことができることが重要であると考えております。
情報開示方針
当社は、金融商品取引法及び東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」という)に沿って、情報開示を行ってまいります。また、当社は、適時開示規則に該当しない情報につきましても、投資家の皆様の理解を助けると判断した情報は適切な方法によりできる限り積極的かつ公平に開示していく方針であります。
情報開示方法
当社は、適時開示規則に該当する情報の開示を、東京証券取引所の「適時開示情報伝達システム(Timely Disclosure network:TDnet)」を通じて開示するとともに、当社ホームページに速やかに掲載しています。
将来の予測に関する事項について
当社が開示する計画・将来の見通し・戦略等の中には、将来の予測に関する事項が含まれている場合があります。これらは当該時点において入手可能な情報による判断及び仮定に基づいているため、その予測の前提条件や不確定要素などを十分に説明し、市場に誤解を与えることがないように努めてまいります。
IR活動沈黙期間
当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、四半期又は決算期末日の翌日から決算発表日までの期間を沈黙期間とし、この期間においては決算に関する質問への回答やコメントを差し控える予定であります。
IR INFO