NEWSプレスリリースサービスMFS社の提供する不動産投資ローン借り換えサービスとMORTGAGE GATEWAY by RENOSYの連携を開始

SHARE
2020.06.30

~金融機関の融資申し込み・審査業務を効率化することで、不動産投資家の不動産投資ローンの借り換えをスピーディに~

当社のグループ会社である株式会社RENOSY X[リノシー クロス](本社:東京都港区、代表者:清水 雅史、以下「RENOSY X」)が提供する住宅ローン申し込みプラットフォームサービスMORTGAGE GATEWAY by RENOSY[モーゲージゲートウェイ バイ リノシー]は、株式会社MFS(本社:東京都千代⽥区、代表取締役CEO:中⼭⽥ 明、以下「MFS社」)の提供するモゲチェック不動産投資借り換えサービスとのAPI連携を開始いたしました。本連携では、投資用不動産を不動産投資ローンで購入された顧客(以下、「不動産投資家」)および借り換え先金融機関(※1)の間で発生するコミュニケーションや煩雑な作業をオンライン化します。これにより、不動産投資家が不動産投資ローンの借り換えに要する時間が従来の20%短縮し(※2)、返済計画の見直しをスピーディに実現することが可能になりました。

なお、本件による当社の業績への影響は軽微です。

(※1):一部金融機関
(※2):MFS社調べ

【本件のポイント】

  • エンドユーザー向け不動産投資ローンサービスとローンに関わる業者向けサービスが連携
  • 不動産投資ローンの借り換えに係る金融機関の申し込み・審査業務を効率化
  • 投資用物件を融資で購入した投資家の借り換えをスピーディに実現、月々の収益向上に寄与

住宅ローン申し込みプラットフォームサービスMORTGAGE GATEWAY by RENOSYと、最適なローンの借り換え提案と申し込み作業を代行するモゲチェック不動産投資のAPI連携を開始しました。この連携により、不動産投資家および借り換え先金融機関の間で生じるコミュニケーションや煩雑な作業をオンライン化いたします。不動産投資家は膨⼤かつ反復的な申込書類の記⼊から解放され、金融機関はMORTGAGE GATEWAY by RENOSYを通じてモゲチェックから不動産投資家のデータ入手し、融資申し込み・審査に係る業務時間を短縮します。

今後もRENOSY Xでは、アナログな業務が多いと言われる業界への業務支援システムの開発と提供を通じ、生産性の向上とエンドユーザーの体験向上に努めて参ります。

関連情報

関連ニュース

SHARE