NEWSプレスリリース不動産投資動向に関する意識調査・昨今の副業ブームで1年以内に不動産投資を始めた20代が急増

SHARE
2017.05.25

当社は、20代〜50代の男女456名を対象に、不動産投資動向に関する意識調査を実施いたしました。
調査の結果、この1〜2年以内に不動産投資を始めた20代の若い投資家が増えており、彼らの約4割は” 副業感覚” で不動産投資を始めていることが明らかになりました。また、20代投資家の約半数(48.3%) が「1ヶ月以内」に契約まで至るというスピーディーな意思決定の様子が浮かび上がりました。
不動産会社選びについては「実績重視」の声が42.1% と多い一方で、約半数近く(45.0%) の投資経験者が不満を持っており、不満の内容の1位は「営業がしつこい」(31.4%)、続いて2位が「返信が遅い」(15.6%) と続きました。これによりプッシュ型の営業スタイルや、現状のコミュニケーションスタイルに不満を持つユーザーが多いことが分かりました。

関連情報

関連ニュース

SHARE