NEWSプレスリリースその他オーダーメイドブランド“KASHIYAMA”とコラボしたRENOSY初のユニフォームを2/1から着用開始

SHARE
2021.01.21

リアルでもRENOSYブランドを強化

当社は、オンワードグループの株式会社オンワードパーソナルスタイルが展開するオーダーメイドブランド「KASHIYAMA(カシヤマ)」における、次世代ビジネスマン向けの、機能性に優れたカスタムメイド・セットアップ「MODERN TAILOR(モダンテーラー)」とのコラボレーションにより、RENOSY初のユニフォームとしてオリジナルセットアップスーツを制作しました。本ユニフォームは、2月1日からRENOSYエージェントが着用開始いたします。

【本件のポイント】

  • 不動産取引のDXを推進するRENOSY初のエージェント用ユニフォームを制作
  • KASHIYAMAとコラボし、ニューノーマル時代のビジネスウエアの新定義「デジカジ」(※1)に対応
  • リアルとテック双方で、RENOSYの顧客体験とブランドを強化

◆ 概要
「住まい探しと資産運用を、もっとカンタンに。」するRENOSYは、インターネット上での物件探しから、テクノロジーを活用した契約・管理までを一気通貫で行い、リアルとテックを融合させ、「借りる」「買う」「売る」「貸す」「投資する」といった住まいにまつわるあらゆるサービスをワンストップで提供しています。

新型コロナウイルスへの対応を機に急進するデジタルトランスフォーメーション(DX)や働き方改革を背景に、不動産業界でも取引のオンライン化が進む一方、 顧客体験における“リアル”な接点が改めて重要視されています。この状況において、RENOSYは、リアルとテックの双方で、顧客体験とブランドをさらに強化していくべく、この度初となるエージェント用ユニフォームを制作しました。

特徴として、RENOSYのWEBサイトにも使用しているブランドカラーであるオレンジをアクセントに取り入れ、オンラインとオフラインの顧客体験の間に視覚的な統一感をもたせております。また、現在、商談の約7割(※2)を占めるオンライン商談に対応するため、デジタル画面でもきちんとした印象を与えられるカジュアルウエア「デジカジ(※1) 」に対応しました。

この新ユニフォームを通じて、不動産取引のDXを推進するRENOSYにおけるリアルのブランド価値をさらに強化し、より付加価値の高い顧客体験の実現を推進してまいります。

(※1)デジタル画面でもきちんと見えるカジュアルウエア
(※2)IT重説とは、宅建業法にかかるITを活用した重要事項説明等に関する取組みの一貫で国土交通省の社会実験として進められてます(https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/sosei_const_tk3_000092.html

関連情報

関連ニュース

関連サービス

SHARE